• Mika Igisu

ストーンと魂のメッセージ



先週金曜日、また一つ歳を重ねました。

20代の頃は、誕生日が来るたびに

うれしい反面、自分が歳相応に成長していない気がして

無性に焦りが湧いて

これでいいのか?

こんな私で大丈夫なのか?

もっとどうやれば人格もキャリアも磨かれるのか?

なーんて漠然と不安になっていました。

30代を迎え、今はもう少しで40代も視えてきて

37歳を迎えた今年は

今まで以上にゆったりと、自分自身に感謝して

ふと見上げた青空の下

自分がどれだけ恵まれ、どれだけ愛され

今ここで空を見上げることができているのかなぁなんて思って

涙が流れた、そんな誕生日の朝を過ごしていました。

今、地球全体で大きく流れが変わってきているようですね。

私も自分自身の中で二極化を味わうかのように

自分が自分の中心にいる世界

自分が自分の中心から外れた世界

それを猛スピードで体感しては

中心にいる心地よさと幸福感と安寧感は

愛を循環し、豊かさを循環することを体感しながら

自分ではなく、人や環境やエゴを中心に置いた

恐れからの選択や思考を体感して

本当に自分が望む生き方はなんなのかを

ものすごい勢いで自分自身に問うているようです。

委ねることは肚が据わっているからできること。

腹が据わっていないと、委ねるのではなく

それはただただ流れに流されてしまう。

この大きな流れの中で

委ねるためには自分の中の二極化をしっかりと体感して

流されてしまわぬために

自分で自分をしっかりと整えているのだと思います。

私だけでなく

それぞれのカタチでその流れをみなさんもきっと体感しているはず。

バリで奇跡のような必然で出会えた

とても美しいラリマーのペンダントトップと

ユニークなデザインのブルームーンストーンの指輪が

この大きな流れに私の魂がしっかりと私を導くためのサポーターとして

私のそばにいてくれています。

(このお話もいつかここでさせていただきますね♡)

ストーンからのメッセージで

私の魂が私をしっかり導き

私のガイドたちであるガーディアンたちが

脇をしっかり固めてサポートしてくれていることがわかり

その証拠にこの子たちが私の元へやってきてくれた2日後の帰国の際にも

胸キュンで小粋なサインとしての出来事を運んできてくれました^^

どうして、この子たちは私の元へやってきてくれたのか

どうして、必然として私はこの子たちを私の元へ導いたのか

ストーンを通してその謎を教えてもらうと

とても納得で

そして

とてもとてもワクワクしてきます。

奇跡のような偶然も

すべては必然。

「プレゼントされたストーンネックレス。

私的にはそんなに好きな色やデザインじゃないし

なんで私の元へやってきたんだろう?

好きな色や形じゃないけど

なぜかこの子は身に着けた方がいい気もする。

でもしっくりこないのにー!」

と不思議に思われて、どうして自分の元へやってきたのかを知るべく

Stone Conversation -ストーンとの会話- へお越しの方がいらっしゃいました。

やっぱり、そこには大きな意味があって

今のその方をそのストーンがサポートする意味があり

その方もそのサポートを一番必要としていたから

そのストーンをプレゼントされたのです。

やってきた真相がわかると

ストーンの輝きがガラリと変わり

それまで以上に輝きが増しました。

そして、持っているその方の輝きも同じように増した。

ストーンには、本当に不思議だけれど

私たち人間に似た輝きと光を持っているなぁと私は思うのです。

必要な人に、必要なものが

必然として必ずやってくる。

その必然の意図を知ることで

新たな扉が開かれたりする。

私の初めての完全オリジナルサービスである

Stone Conversation -ストーンとの会話-

益々このサービスが好きになる日々♡

Stone Conversation

あなたのストーン

そして

あなたの魂(=潜在意識)からのメッセージを

受け取りたいという方は

「氏名」、「当日連絡のつくお電話番号」をご明記の上

こちらからお申込ください♡

こちらのサービスは、お子様連れでセッションにお越しいただいても大丈夫です♪

そこにも必ず意味がありますから♡

そして、心斎橋のオフィス以外にも

カフェやホテルのラウンジでもセッションは可能です。

あなたと、あなたのストーンと出逢えることを楽しみにしています♡

Life is simple, fun and COLORFUL.

#StoneConversation #ストーンとの会話 #ストーン #ストーンリーディング #ラリマー #ブルームーンストーン #奇跡のような必然 #必然の意図