• Mika Igisu

私のために誰かに愛を



焦っている状況で、「譲ろう、私にはゆとりがあるのだから」

=「誰か」のために、道を譲るのじゃない。

私のために「誰か」に、道を譲るのである。

「わたし」はゆとりがあると、思い込めるのだから。

イライラする場面で、「微笑もう、私には余裕があるのだから」

=誰かのために、優しくするんじゃない。

「わたし」のために、誰かに優しくするのである。

「わたし」には余裕があると、思い込めるのだから。

疲れ果てた家で、「手伝おう、私は強いのだから」

=誰かのために、手伝うんじゃない。

「わたし」のために、誰かを気遣うのである。

「わたし」は強いのだと、思い込めるのだから。

とにかく、やってみて。

「わたし」のために、

「だれか」に愛を。

「わたし」のために、「誰か」に優しくする

さとうみつろう氏のブログより

余裕がなくなるときほど人は自己中心的になりやすい。

「これだけ忙しいんだから、分かってよ!手伝っくれたっていいじゃない!」

「これだけ疲れてるんだから、察して優しくしてくれたっていいじゃない!」

これって自分にしかわからないこと。

察してくれる人もいるけれど、100%自分のキモチを理解してくみ取ってくれる人はいない。

だってそれは自分にしかわからないのだから。

人に求めるよりも、まずは自分。

わかってはいるけど中々。。。

だからこそ、みつろうさんがおっしゃる

『自分のために誰かに愛を』

の精神は、愛とシアワセを循環できる発想だなと思います。

自分に余裕があるって

自分にも優しくなれるし、人に優しくもなれる。

その状態を創るには

まずは行動を変えてみること

そうそれば

状況が変わってくるということ

それを実感できる。

与えるから与えられる。

そういうことなのだと思います。

始めてみませんか?

私のために誰かに愛をあたえてみること^^

Life is simple, fun and COLORFUL.

#愛 #余裕 #さとうみつろう #循環