• Mika Igisu

知ることは愛



やりたいことや、やっていることがスムーズに進まないとき

そこにはいくつか理由がある。

その大きな理由の一つは "恐れ" 。

先が見えないことが不安になったり

うまくいかないんじゃないかとか

失敗するんじゃないかとか

未来がわからないことで不安になっている"気がしてしまう"。

"気がしてしまう"と言った理由は

自分の中心に"恐れ" がドーンと居座っていることに気づいていないから。

もし、自分の中心に "希望" がドーーンと居てくれたら

未来がわからないことが 「とてもワクワクする♪」 楽しみなことになると思いませんか?

「先がわからないからこそ面白い」

「先が見えないからこそ、無限の可能性が広がる」

人間関係も同じだったりします。

"恐れ" が自分の中心にあると

相手を知らないことが恐怖となり、警戒をして心をオープンにできなくなります。

そして、その相手も、自分が警戒されていることを無意識に察知するので

心をオープンにはしてくれず、お互いに探り合いになり、

本来のお互いの良さをわかり合えず、オープンなコミュニケーションができなくなってしまう。

"恐れ"が中心にあると、相手を知らないことが恐怖となるけれど

相手を知ることができれば、恐怖は形を変えて私たちの中に芽生えるものがある。

それは "愛" なのだと私は思います。

私たちが、その人を理解した瞬間、恐怖は愛に変わり

その愛が相手にも伝わるので、お互いが心をオープンにしてゆける。

会社で新しい人が入社してくると、学校で転校生がやってくると、ご近所さんに新しい人が引っ越してくると

「この人どんな人?」と相手がわからないから、ちょっと不安になる。

だってもしかすると、とても攻撃的な人かもしれないし、いじわるかもしれないし、凶悪な人かもしれないし・・・

でもその人がとってもオープンに、自分のことを話してくれたり

とっても親切だということがわかったり、とっても優しかったりすると

一気にその人が好きになって、「何かあれば私もこの人の力になりたい。」と思えちゃったりするもの。

それが愛が通い合う瞬間なのだと思うのです。

「自分がどう思われるのかわからないから周りに合わせてた」

「嫌われるかもしれないから、自分の思っていることが言えなかった」

実は、相手も同じようなことを思っていたことを知ると

「な~~~んだ!!!!そうだったの?^^」

とホッとして、心を開いて話すことができる。

恐れが真ん中ではなくて

希望を真ん中にすることで

人は自分を理解し、相手を理解する余裕が生まれる。

そして、その余裕は "愛" なのです。

知ることで、恐怖が愛に変わり

自分も相手も愛おしい存在になれるのです。

あなたの真ん中にあるのは "恐れ" ?

それとも "希望" ?

意識してみると世界はずっと愛に溢れていることに気づけるはず♡

Life is simple, fun and COLORFUL.

#カラフルライフデザイン #人生を彩る #知ることは愛 #愛 #恐れを手放す #希望をセンターに #センタリング